WebSite Renewal

Webサイト更新は速さが命です

インターネットとテレビやラジオ、新聞といった旧来のメディアが決定的に違うところは「速さ」にあります。 発信したい情報をリアルタイムに公開することもWebサイトならではです。

私たちはWebサイトを専門のデザイナーに依頼して制作したものの、その後の更新作業が行えずに公開当時のままになってしまっているWebサイトを多く見てきてました。
私たちがつくるWebサイトはそうなってはいけないと思い、更新環境を含めて提供しております。

更新作業が滞る原因

Webサイトが更新されなくなる理由、それには以下のような要因があります。

更新作業のアウトソース

Webサイト管理のアウトソース化は一見すると低コストで専門知識のあるスタッフに任せられるという効率的な方法ですが、中小規模のサイトの場合は更新作業依頼が逆に負担となり更新頻度が下がってしまいます。

コスト

更新作業ごとに費用が発生する場合、コスト削減のために「1か月に○回まで」と更新頻度を自ら抑えてしまいます。

管理体系の複雑化

Webサイトを管理するために利用が急増しているCMS(コンテンツ管理システム)は自社内でWebサイトの更新管理ができるシステムですが、その使用方法は決してやさしいものではありません。
CMSの使用方法を習得するために時間と手間が必要となります。そしてスタッフの異動によりWebサイトの管理者が変更になった場合の引き継ぎも容易なものではありません。

WebChangerはWebサイト管理の最適解です

WebChangerは「誰でも簡単に」「いつでもWebサイトの更新ができる」ということを念頭に置いて開発されました。専用の管理画面ではなくご利用のWebサイトをほぼ見たままWebChanger上に表示し、変更したい個所をクリックするだけで変更機能を呼び出せます。

既存のWebサイトをデザインそのままに導入することも可能です。
リニューアルを行ってからWebChangerを導入する場合は弊社デザイナーが高品質なWebサイトをご提供いたします。

Webサイトの更新管理にお悩みの際は、是非ご相談ください。

ページ上段へ戻る