株式会社グローバルゲート公式ブログ

Blog

2020-07-17

タスクマネージャーでのディスク使用率100%を解消する

こんにちは。
グローバルゲートのディレクターだったノーさんです(異動)

みなさんのWindowsパソコンは快適ですか?重いですか?
私の家のパソコンは激重でした。
激重プンプン丸でした。
GoogleChromeを開き暫く色々なページをふらふら見てタスクマネージャーを開くと、
ディスク使用率が100%近くで推移するような状態でした。

なんと!
その!
そのディスク使用率100%状態を一発で解消させました。


4ギガのメモリを買う。
そしてマザーボードに差し込む。



それだけです!!!


WindowsUpdateをチェックしまくったり、WindowsOneDrive等常駐ソフトの見直し、
電源供給設定、チェックディスクやらデフラグやらレジストリ変更やら本当に色々やりましたが
メモリ増設で一発解決です!!


いや、メモリを増やさずにディスク100%状態を解決したいねん…とお調べになられているかと思いますが


無理でした!!!!!!!
メモリふやしましょう!!!!!


最近で一番多い状況が、Windows7からアップグレードでWindows10にして以降動作が重い、というものだと思いますが、
Windows7は4ギガのメモリで十分サクサク動くものだったのですが、
Windows10は4ギガのメモリではそうはいかないんですよね。
最低でもメモリ6ギガ、できればメモリ8ギガ以上にしましょう。

ちなみにメモリにはDDR4とかDDR3、DDR2等規格があり、間違った規格のものを購入してしまうと
マザーボードに差し込めないという恐ろしい事態が発生してしまいますので、購入前には規格を必ずご確認ください。
もちろんノーさんは2回間違えて購入しました。
3種類コンプリートです。
非常にややこしいメモリの規格



諸々の事情でメモリの増設の出来ない方へ

色々のご事情で色々あると思います。
どうしてもメモリの増設ができない、したくない、メモリ増設が嫌い、メモリの見た目が嫌い。
メモリをマザボに差し込むのに指が痛くて嫌、色々あると思います。
そのような皆様に、私が試したちょっとだけディスク使用率がマシになった方法をご紹介致します。

使用ブラウザをChromeからFirefoxに変更
Chromeは正直滅茶苦茶重いブラウザです(昔は軽かったのに…)
ブラウザをfirefoxにすることでPCへの負担が減り、ほんの少しディスク使用率が減ります。

私は軽さを求めてSRWare Ironというブラウザも使いました…


常駐ソフトを切る!
タスクバーの右側(時間や日付が表示されている部分)に、Microsoft OneDrive等常駐ソフトが表示されます。
セキュリティソフトなど、本当に必要な常駐ソフト以外は切りましょう!


タスクマネージャーの「スタートアップ」タブから任意の常駐ソフトを選択して、右下の「無効」をクリックです。


Windows Update動いてないです?
メモリも充分なのに、パソコンがずっとガリガリ言っててディスク使用率も100%いってて
ムチャクチャ重い方…

Windows Updateが裏で走っていませんか?走り回っていませんか?
流石にメモリをガン積みしててもWindws Update様には勝てません。

デスクトップ画面左下のWindowsマークから歯車マークの設定画面に入り、「更新とセキュリティ」を開き、
Windows Updateが動いていないか確認してください。
アップデート待機状態でしたら、是非アップデートしてあげてください。
完了したら再起動などしてあげると満足してディスク使用率を下げてくださいます。


いかがでしたか。
ディスク使用率下がりましたか?下がりましたよね?
これからも下げていきましょう。
よろしくおねがいします。


ところ企業のWeb担当の皆様、ホームページの更新の煩わしさとかありませんか?
弊社グローバルゲートのWebChangerなら簡単操作で簡単にホームページの更新ができちゃいます。
是非ともご検討ください!!

ご相談・お問い合わせ

当社サービスについてのお問い合わせは下記までご連絡下さい。

お電話でのお問い合わせ

06-6121-7581 / 03-6415-8161